栃木市の家売却・不動産査定

 

栃木県の南部に位置する市が栃木市となっています。県内では宇都宮市、小山市につぐ3位の人口数となっています。市街地には蔵造りの家屋の街並みが、今でも残され巴波川沿いに続いて立ち並んでいます。

 

そんな情緒溢れる栃木市に住んでいる人の中にも、家を売りたいと考えている方もいるのではないでしょうか。ここでは、栃木県の栃木市・小山氏・宇都宮市・鹿沼市・佐野市の家売却のための豆知識を紹介します。

 

【媒介契約の3つの種類】

①専任媒介契約
売主は1つの不動産会社としか契約することができません。他の会社との売買契約を結ぶことで違約金が発生することになります。しかし、自分で買い手を探し出すことができます。そして会社側は販売活動を率先して行い買い手を探しださなければなりません。2週間に1度、その状況を報告する義務があります。不動産指定流通機構に会社は登録することとなっています。

 

②専属専任媒介契約
こちらも1社だけの不動産会社との契約となります。そして売主が買い手を見つけ契約をすれば、違約金を支払わなければなりません。会社側は、1週間に1度の販売状況を報告しなければいけません。上記と同様に不動産流通機構き登録することが義務づけられています。

 

③一般媒介契約
複数の不動産会社と契約を結ぶことができます。そのため買い手が早い段階で見つかることも予想されますが、状況の報告もなく販売に力をいれることもそれほど多くはないようです。

 

なぜなら、複数との契約のため他の会社へと決まった際には広告費や経費が無駄となってしまうことがあるからです。しかしこの契約では自ら買い手を見つけることも可能となっています。不動産流通機構の登録は任意となっています。
【不動産指定流通機構とは?】

 

不動産物件の流通を早く円滑にするために多くの業者が加盟してできた情報ネットワークとなります。

 

媒介契約にはそれぞれリスクを伴うこともありますが、早くに売却を望むのであれば、①、②を!価格を重視して期間をかけても良いと思うなら③での契約が適しているようです。①、②に関しては契約期間が3ヵ月と決まっていますので、3ヵ月以内に買主が決まらなければもう1度、再契約となります。

 

栃木市で住宅物件を売ろうか悩んでいる方におすすめの不動産見積もり一括査定(オンライン)ランキングを後ほど発表しますので、家売却≪栃木市≫でと考えている方はまずは不動産査定を視野に入れておくことを推奨します。